大阪 箕面     *~納涼川床~*   音羽山荘


    *~箕面で川床~*



    箕面川で2010年7月17日(土)から8月29日(日)までオープンしている川床。
    食事に行ってきました^^



    ========================================






    箕面駅から滝まで続く風光明媚な 滝道。 
     


    川沿いに4店舗の川床がオープンしています*
    京都貴船のような川の上に床を張ったタイプの川床ではないけれど、
    箕面の川床は、どのお店も 川や木々の自然が身近に感じられるロケーション。。








    明治時代の趣のある旅館カフェや料理屋さんを 通りすぎ、
    川床のお店を眺めながら もっともっと山の中へ*



    私達が訪れたのは、4店舗の中で一番上流に位置している「音羽山荘」。
    案内されたのは、川にピョコンと付き出ている、二人用の席^^ 
    少し狭めですが、自然の中に浮いている感じ..自然と一体になれる席でした*^^*


    川床清涼会席 3500en (籠のお重・天麩羅・吸い物・甘味)
    壱の重には、マスカットの胡麻和えなどの涼しげなお料理。
    弐の重には、鮎の塩焼きや手長エビに鰻巻、トマトサラダや生麩、手毬寿司など。
    天麩羅は、貝柱やエビや山菜。お吸い物は、枝豆摘み入れ。デザートは、黒すぐりのプリンや翡翠餅。



    箕面の地ビールで乾杯*  素材が沢山使われた、目にもおいしいお料理がぎゅうぎゅう詰め*
    川床で..夕食で..と考えたら、
    3500enでこのお料理は質が高いのではないでしょうか。。^^
     貴船だったら1万超??^^








    食事の後は床の外へ
    ぶらぶら足を投げ出して。。

    川の音と、ひんやりとした風。赤いちょうちん 浴衣姿のお店の方..
    日本の夏が どんどんますます好きになりそう。






    「川床」というと、敷居の高いイメージがありますが
    箕面の川床は、素敵で素朴な 周辺の自然とお店の雰囲気。
    きどらない気持ちで、ゆったりと満喫。。



    毎年、箕面の川床が開催されるようになったらいいな*
    開催されるようになったら
    ニッポンの夏。箕面の夏。。 毎年夏になるのが待ち遠しくなりそうです*^^*





    箕面納涼川床 箕面市hp
    7/17~8/29までの 金・土・日曜。又祝日及び8/11・12オープン  午後5時から9時 
    予約要(4店舗の詳細は箕面市Hp参照のこと)

    追記:音羽山荘さんの川床は「箕面文庫」の敷地内に設置されています。
      「箕面文庫」さんのお手洗いが使えるので、トイレもすごく綺麗でした^^

     


    ========================================







    ちょうちんに 照らされた
     滝道を歩く*

    食事後に ライトアップされている滝まで行きました^^
    (ライトアップは8/31まで)
     



    到着してびっくり。


    すごい音としぶきと爆風。ちょっとナイアガラ(笑)
    (7/17に訪れたのですが、前日までの雨で増水していたようです。)



    ↓デジカメで撮影している人↓が見えるでしょうか。。^^
    人の大きさと比べてください。いつもの滝の5倍盛り~◎◎ いつもの滝→wikipedia画像


    8月1日(日)午後7時~午後9時に開催予定の「みのおキャンドルロード」では
    4650本のローソクが灯り、ライトアップされた滝がさらに幻想的になるようです^^

    関連記事
    • Tag :
    • レストラン
    • ・緑に囲まれた素敵なお店
    • ・水辺にある素敵なお店

    大阪 箕面     cafeサルンポワク&galleryミカリ・雑貨屋fuse




    明治から昭和初期ごろまで箕面川で見られた 川床

    約90年振り。第二回目(今春にも実施)の川床が
    2010年7月17日(土)から8月29日(日)までオープンしています。




    川床へ食事に行った休日。
    今日の日記は川床へ行く前の 箕面駅周辺ぶらぶら編 です^^

     

    ********************************************** 





    電車に乗って箕面駅へ♪
    川床がオープンする夕方17時まで
    箕面駅周辺をぶらぶら^^




    ::cafeサルンポワク&galleryミカリ::
    素敵なお店「カフェ・サンポワク」*  カフェ2階にある「ギャラリー・ミカリ」では
    益子で活動されている9名の女性作家「乙女の手仕事」展が開催されていました。
    (7/17訪問時の催しです。現在は終わっています)




    約3年ぶりの訪問ですが
    やわらかくて 落ち着く雰囲気..
    やっぱり大好きなお店です^^

     

      

    窓から見える景色と敷地内にある
    かわいい雑貨屋「縁」さんにも  にっこり*^^*



    cafeサルンポワク&galleryミカリ&shop縁   hp
    大阪府箕面市箕面6丁目2−18 夏休みあり(お休みはお店hpを参照してください)
     









    ・雑貨屋「fuse」さんをさがして 
    ・一人しか通れないような細い道を歩いていたら
    ・「駄菓子」の小さな看板がありました^^





    箕面でフリーペーパーを作っている女の子たちが
    古い民家を借りて一日のみ、7/17限定の駄菓子屋さん営業中^^





    ::雑貨屋「fuse」::
    「fuse」さんは、住宅の密集した場所にありました^^
    民家をショップに改装しておられる時から、お店の方のブログを拝見していたので、
    楽しみに伺いました^^ お店に入ると沢山の雑貨*

     
    器やクロスなど..海外のヴィンテージが沢山並んでいます♪


     
    fuse  hp 
    大阪府箕面市箕面1-8-29 080-3835-7430  火・水・金 10:00-16:00 / 土 11:00-17:00








    あっという間の17時。
    さてさて 川床の時間です♪   
    滝道を歩いて 緑の中へ..*

    (川床料理に続く)



    関連記事
    • Tag :
    • カフェ
    • 雑貨
    • 2010/07/24/Sat 12:56:00
    • TRACKBACK:0
    • CATEGORY:犬島

    岡山       いぬじまびより[後編]    ::瀬戸内国際芸術祭::




    空に突き出した煙突。  銅の精錬所が使われなくなって約90年。

    巨大な建造物は、雨風に浸食され地震で崩れ 
    まるで長い年月をかけ 自ら自然に還っているよう。

    煙突がそびえる 犬島の風景。
    崩れかかった精錬所に寄りそう 島の集落。


    今、瀬戸内の島々で開催されている 瀬戸内国際芸術祭(7/19~10/31)。 
    犬島では、精錬所の遺構を保存・再生したアートプロジェクト「精錬所」と
    集落の中に溶け込むアート「家プロジェクト」が芸術祭の会場となっています。



    今日の日記は「瀬戸内国際芸術祭」にスポットをあてたいと思います^^


    .................................................................................. 






    ::家プロジェクト::
    建築家妹島和世。アーティスト柳幸典。アートディレクター長谷川祐子 による
    集落の再生を意図したプロジェクト。
    点在する「F邸」「S邸」「I邸」の3つのギャラリーと1つの東屋を、島を歩き探します^^

    集落の付きあたりに突如現れるアクリル製の「S邸」
    坂道の上には稲荷神社。  その先にあるのがアルミの無垢板でできた「東屋」






    精錬所を背景とした丘に建つ「F邸」。 海の近く、お花畑で彩られた「I邸」。
    焼杉の壁でできた黒い民家が多く見られる犬島で、艶やかな生木のギャラリーは ひと際目をひきました。
    民家の骨組みや屋根をリノベーションしたギャラリー。
    中には電飾や映像を使った現代アートが展示されています。


    家プロジェクト 詳細  チケット500en 10:00-16:30  火休









    ::精錬所::
    黒くゴツゴツしたカラミ煉瓦
    銅精錬時に生じる残り物で構築された精錬所。
    全ての屋根は崩れ落ち、植物に飲み込まれていている様は、荒々しくも美しく圧倒されるばかりです。。
    精錬所内にある美術館は
    (写真上段左↓)暗くて長い通路を歩き、メインホールへ向かいます。
    暗闇の中に流れる、煙突を通過する風の低周波音。 
    来館者を導くようにはるか前方に見える窓の光。。    
    展示作品が主題としている三島由紀夫の精神性と、
    建物と自然が生み出す音や空間が、高い次元で共鳴しているように感じました。
    また、環境に優しい建物(電力を使わずに自然の力だけで空調を維持)としても興味深く、楽しめた美術館でした。
    -空調維持の方法- 美術館の上にある既存の煙突。高い煙突は気圧差により建物内に風の流れを作ります。
    季節により建物内の間仕切りを変更することで、冬は太陽に暖められたガラス張りのサンルームから暖かい空気を..
    夏は地中のトンネルから冷たい空気を 取り入れて、メインホールを快適な温度に保っているそうです。





    瀬戸内国際芸術祭のイベントとして劇団「維新派」による舞台も公演中(7/20-8/1)
    精錬所の敷地内に特設された野外劇場は、周辺の景観や海風により壮大な空気感を醸し出していました。 

    ↑リハーサルに向かう巨人
    18:30開演なので刻々と変わる空の色.. 舞台が終わるころは暗闇に包まれることになります。
    平日は残っているようですが土日のチケットは完売。。次回このようなイベントがあれば必ず鑑賞したいと思いました^^


    精錬所(美術館)   一般1000en/15歳以下無料 10:00-16:30  火休
    (港をおりたところにあるチケットセンターで販売) 

    維新派 hp  7/20~8/1










    「家プロジュエクト」に「精錬所」、先日アップした「犬島時間」を見て回ると
    犬島をくまなくめぐることになります。



    アーティスト達がこの島で何を伝えようとしているのか。。
    アートや建築について 全く分かっていない私でも、心動かされ
    島の風景と共に、体に浸透していく心地よさを感じました。



    「犬島時間」の演奏家 赤田さんが歩く*    桜井君が歩く*
    嵐の桜井君が来てたんですよ~☆ 妹島和世にも遭遇^^ そしてこの日、坂本龍一も犬島に来ていたそうです@@





    抜けるような青い空が印象的だった 犬島での休日。

    しかし 空の青さに負けないくらい
    私の目には、島の一つ一つの風景が眩しく映りました。



    「瀬戸内国際芸術祭」と「犬島時間」。どちらも同じくらい素敵なイベント。。
    開催期間が短く、開催日も限られている「犬島時間」ですが、
    2つのイベントに同時に行くことができて、本当によかったと思います^^

    「瀬戸内国際芸術祭」が開催されている瀬戸内の島々。
    普段なかなか行くことのない小さな島へ.. 芸術祭を機に他の島にも行ってみたくなりました*^^*
     



    瀬戸内国際芸術祭 hp  2010年7/19~10/31
    第七回犬島時間  hp  2010年7/18.19.20.24.25.31  8/1.7.8 開催   チケット500en







    瀬戸内国際芸術祭訪問記  男木島豊島 
    関連記事
    • Tag :
    • 美術館
    .
    Welcome to %KyujituStyle

    ページナビ
    現在 こちら↓↓の記事が表示されています☆

    左上にある緑色の「休日style」をクリックすると
    最新記事(トップページ)へ移動します。
    ご挨拶
    西宮在住のひろみです。
    関西や関西近郊には
    素敵なところやお店がたくさん。。^^
    のんびりしたり 深呼吸したくなるような
    場所をめぐっています。

    2011年12月からFC2でブログを始めました!
    (前ブログより移行した記事は 文中リンクが
    きちんと飛ばない場合があります。)
    メールアドレス
    kyustyle@leto.eonet.ne.jp
    お願い
    お店の情報は ブログ作成時のものです。
    移転や営業時間等の変更もございますので、 行かれる場合はhpで確認、または直接お店へお問い合わせください。。

    リンクフリーです。  
    検索フォーム
    「休日style」内で検索します☆
    キーワードを一つ入力してください。
    ○例:尾道   ×例:篠山 カフェ
    二つ以上入れると苦手なようです。 
    カテゴリ
    「+」をクリックしていくと
    「地域」と「自然がいっぱいのお店」が表示。
    細かく検索することができます☆
    カテゴリ 一括表示
    月別アーカイブ
    .
    .
    .
    .
    .
    .
    ..
    現在の閲覧者数: