京都 左京区南禅寺    日本庭園を眺めるカフェ -杏こ庵-



    この休日は はんなりと。。




    旦那さんとお付き合いを始めて18年。
    10代・20代と一緒に過ごし、あっという間に驚くような数字になってきました^^

    18年のお祝いを兼ねて京都へおでかけ。。
    あまり知られていない カフェ&お寺の精進料理..
    この休日は [とびっきりの隠れ家]をテーマに 京都を楽しんできました^^

    今日の日記は カフェ編 です。



     *********************************************** 





    ::南禅寺::
    日本三大門の一つ「三門」や、枯山水(かれさんすい)の「方丈庭園」
    琵琶湖から京都へ水を運んでいる「水路閣」など見どころが多く
    紅葉や桜の名所でもあるため、京都のお寺の中でも人気が高い 南禅寺。



    湯豆腐も有名な南禅寺ですが、
    南禅寺門前に、ひっそりとオープンしているカフェがあります^^






    ::大安苑 cafe杏こ庵::
    不定休、お昼~17時くらいで のんびりオープン。
    美しい日本庭園のあるカフェ「杏こ庵」。




    お庭にあるのは 
    お鮨などもいただける 離れのカウンター。
     


    「杏こ庵」さんは、夜は料亭「大安苑」として営業しておられます。
    割烹やお鮨をいただくことができ、舞妓さんと食事を愉しむこともできる「大安苑」。 
    訪れた日は、ちょうど舞妓さんがお店に来られていました^^


    お店の方がとても温かくて、舞妓さんと一緒に写真を撮ってくださったり、どうぞどうぞと舞妓さんの写真を撮らせてくださいました^^ 
    街で舞妓さんをみかけても声を掛けづらいので、堂々と舞妓さんを撮らせていただけて嬉しかったです*^^*






    カフェは2階。
    お庭を見ながらお茶を。。 静かだな~* 窓を開け放して気持ち良い~* 
    [ドリンク+プチケーキ付で800en]



    まだあまり知られていないため、お客さんも少ない「杏こ庵」さん。
    窓辺に座り過ごしていると、旅館に泊ってるみたいに贅沢な気持ちになりました*^^*






    凛とした空気と、のんびりとした空気が交じり合う 
    ちょっと大人な隠れ家カフェ。。



    大安苑 cafe杏こ庵 ブログ  お昼頃から17時頃 不定休
    京都府京都市左京区南禅寺草川町81 075-752-4333 075-752-4334





    関連記事
    • Tag :
    • カフェ
    • ・緑に囲まれた素敵なお店

    香川  高松      波止場の路地裏倉庫  -蒼&umie-






            人よし  猫よし     ぐるりんと 島よしっ      byモアイ

     女木島の守り神「モアイ像」にお別れをして 高松港へ戻りました。
    少し時間があったので 高松港そばにある倉庫街へ..

    ギャラリーやカフェで 日が暮れるまでゆっくりと*


    モアイ像について...高さ3.9m・重さ10.8t。女木島の港に立っています。
    イースター島のモアイ像修復に携わった高松のクレーンメーカーが、イースター島へ出発する前に
    モアイ像を持ち上げることが出来るかの研究として作ったものだそうです。
    もちろん↑のように歩いたりはしませんよ^^




    ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++





    海のにおいがする波止場。

    素材の力強さと存在感に引き寄せられる 錆び錆びの無骨な倉庫群。
    倉庫の中は、雑貨屋さんにギャラリーやカフェ.. 個性溢れるお店がオープンしています^^






    ::デザインラボラトリー 蒼::
    倉庫や周辺のお店を回りましたが、「蒼」さんが一番のお気に入り^^
    倉庫群裏手にあるビルの5F。センスの良い雑貨が置いてあり、カフェスペースからは海が見えます。
    静かで落ち着く空間。。 訪れた日は、絵本100選展が開催されていました。

    デザインラボラトリー 蒼  hp  香川県高松市北浜町5-5 大運組ビル5F 火休 087-813-0204





    倉庫内にある貸ギャラリーには、ガラス作家さんのお店が臨時でオープン*









    ::umie::
    階段を上がって 事務所のような部屋の奥へ。
    カフェ「umie」さんの入り口は 、とても小さな扉です。

     


    小さな扉を開けたら、天井が高くて広いカフェ。 ソファー席もあり、本も沢山*  
    隣席との間隔は少なめですが、居心地が良くて何時間でもいられそう。。




    umieさんで夕食を♪
    ビーフシチューセットとカレーライスをいただきましたが
    どちらもボリュームがありおいしかったです^^

     




    海の見える倉庫街。  日が暮れるまでカフェでゆっくり*

    umie hp  香川県高松市北浜町3-2 北浜alley-h 087-811-7455

    倉庫街にあるその他のお店⇒ 北浜alley hp








    ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++




    巷ではモバゲーが流行っていますが、我が家はもっぱらセトゲーです*

    瀬戸内育ちの私は、 子どもの頃 
    透明で水平線まで続く海に憧れを持ち、汚くて島だらけの瀬戸内海が好きではありませんでした。
    しかし瀬戸内国際芸術祭を機に小さな島々を訪れ、
    身近な場所に こんなに島の原風景が残っていたなんて。こんなにも海に浮かぶ島々が美しいなんて。
    瀬戸内海と島々を愛おしく思うほど、感動で心は揺さぶられました。

    瀬戸内国際芸術祭が開催されていなければ、気がつくことがなかったであろう、この気持ち。
    「瀬戸内国際芸術祭2010」は10月末で終わってしまいますが、
    プロジェクトはこれからも進行し、2回・3回と芸術祭も開かれる予定です。

    次回開催される芸術祭も楽しみですが、芸術祭開催に関係なく島に渡りたいな^^
    瀬戸内育ちで良かった。  今、瀬戸内で暮らしていることをちょっと誇らしく感じています。


    関連記事
    • Tag :
    • カフェ
    • 雑貨
    • ・水辺にある素敵なお店
    • 2010/10/20/Wed 10:59:00
    • TRACKBACK:0
    • CATEGORY:女木島

    香川  女木島     集落めぐりと洞窟アート  -瀬戸内国際芸術祭-




    *海を進む ファスナー船*




    秋の空  秋の海
    船の軌跡が 瀬戸内海をひらいてく。。


    7つの島で開催されている「瀬戸内国際芸術祭2010(10/31まで)」
    犬島・男木島・豊島に訪れ 島の魅力に、どっぷりはまっている私です^^
    女木島はどんな島なのでしょうか。。  この休日は女木島へ行きました^^


    -----------------------------------------------------------------





    ::女木島(めぎじま)::
    自宅(西宮)から高松港まで車で2時間20分。高松港からフェリーで20分の距離にある「女木島」。
    島に到着すると、カモメの風見鶏と、帆のあるグランドピアノが迎えてくれました。
    集落に点在するのは、休校中の小学校と旧保育所を利用した「福武ハウス2010」や、
    空家・納屋に展示された作品など。
    キラキラのんびり島の中。 石垣の道を、歩いてめぐる。。^^





    作品がないところも 歩いてみよう。


    タコ壷の中には、
    巻貝がいっぱい*
    海のなかは 貝が沢山あるんだね。






    --不在の存在 [Restaurant IARA Megijima]--
    レストランスペースもある「不在の存在」。
    中庭を囲むようにレストラン・ライブラリー・茶室があり、白い石が敷き詰められた中庭は、
    人が歩いているかのように、足跡と足音が現れます。

    鏡のトリックが仕掛けてある茶室も、興味深い作品でしたが
    瀬戸内の魚介が贅沢に使われた料理のおいしさにもびっくり@@
    瀬戸内芸術祭で、NO.1レストランかもしれません。。*^^*








    ・バスに乗って、洞窟のある山の上へ♪
    ・別名「鬼ケ島」と呼ばれている女木島。
    ・山の上には、鬼が住んでいたという洞窟があります。







    --緑の音楽--
    洞窟の側にあるうっそうとした雑木林。
    雑木林に仕掛けてあるいくつものスピーカーから、女木島で収録された音が流れています。
    響いたり反響したりと まるでジャングルにいるかのよう。。^^








    --鬼合戦、あるいは裸の桃の勝利--
    鬼がいたといわれている洞窟は、
    元々 鬼や桃太郎の人形があり、いかにも観光スポット的な場所です。
    その洞窟に展示されているのは、暗闇と岩に透ける等身大のワイヤー彫刻。




    風でゆっくりと回転する彫刻。

    角度によっては、恐ろしく感じるほど
    目や鼻まではっきりと分かります。
    リアルに見える瞬間を撮ってみましたよ*



           このへんが..(笑) ↑






    鬼の洞窟がある 人口200人の「女木島」
    高松からほど近く、観光や海水浴で多くの人が訪れるからでしょうか。。 
    男木島に比べると 少し開けた印象をうけました。





    海を進む ファスナー船
    船にカメラを向けていたら 空にも軌跡ができていました*





    瀬戸内国際芸術祭2010訪問記 犬島① 犬島② 男木島 豊島 

    • Tag :
    • レストラン
    .
    Welcome to %KyujituStyle

    ページナビ
    現在 こちら↓↓の記事が表示されています☆

    左上にある緑色の「休日style」をクリックすると
    最新記事(トップページ)へ移動します。
    ご挨拶
    西宮在住のひろみです。
    関西や関西近郊には
    素敵なところやお店がたくさん。。^^
    のんびりしたり 深呼吸したくなるような
    場所をめぐっています。

    2011年12月からFC2でブログを始めました!
    (前ブログより移行した記事は 文中リンクが
    きちんと飛ばない場合があります。)
    メールアドレス
    kyustyle@leto.eonet.ne.jp
    お願い
    お店の情報は ブログ作成時のものです。
    移転や営業時間等の変更もございますので、 行かれる場合はhpで確認、または直接お店へお問い合わせください。。

    リンクフリーです。  
    検索フォーム
    「休日style」内で検索します☆
    キーワードを一つ入力してください。
    ○例:尾道   ×例:篠山 カフェ
    二つ以上入れると苦手なようです。 
    カテゴリ
    「+」をクリックしていくと
    「地域」と「自然がいっぱいのお店」が表示。
    細かく検索することができます☆
    カテゴリ 一括表示
    月別アーカイブ
    .
    .
    .
    .
    .
    .
    ..
    現在の閲覧者数: