三重 津市    恵み豊かな森の食卓      ~  日本料理 朔 ~



    朔1 

     森 の 食 卓
    ~ 日 本 料 理  朔 ~


    9月の連休、維新派hpの野外劇を鑑賞するため
    曽爾へ行きました。

    曽爾から少し足を延ばして
    訪れたのは 山の中にあるレストラン。
    自然と一体になれるとても素敵な場所でした^^






    ところどころに立っている 
    ヤギのかわいい案内板。

    狭い道から 渓流そばの山道へ。

    不安になるほどの山の中ですが、
    駐車場に辿り着くと、ぽっかりと開けていて、緑が美しい。 

    小径をあるいてお店へ向かう。
    ヤギとカモが迎えてくれます。


    ↓取ってくれ視線のしろくん^^ ・・・  柵外の草が食べたいので、人の動向を気にしてます。
    朔2


    日本料理 朔は、6席のみの小さなお店。
    気候のよい季節は、扉全開。 気持ち良い~

    レストランの側にあるのは 茶畑。
    自家製のほうじ茶。自家製のお米。

    朔3 

      

    1時間半かけて燻された鮎は
     丸ごといただけて、頭さくさく 身ふっくら。

    ご近所の養鶏家で朝絞められた地鶏と
    冬瓜のスープ仕立て。

    凄腕猟師さんが仕留めた鹿肉は、臭みが全くなく
    柔らかくてびっくり。

    朔4 

    おくどさんの煙が、風に乗って店内に入り込む。
    出来立ての ごはんが運ばれてきました。


    食材や調理法、
    猟師さんの血抜きの方法など..
    丁寧に説明して下さるので、

    食材一つ一つ 作り手の姿が見えてくる。
    命をいただいているという 尊さを感じる 
    素晴らしい料理でした。



    食事が終わると、隣のカフェスペースへ移動。

    デザートは、
    山に生えている、ニッキの根から抽出した 水菓子。

    朔5 
    朔さんの奥さまは彫刻、陶芸などを手掛ける作家さん。カボチャのようにもみえるこちらのオブジェ↑も
    奥さまの作品です。旦那さまは料理のほかに木工もされており、
    敷地内には、お二人のアトリエが建築中でした。

    カフェからの眺めも 緑がいっぱい。
    しろくんが きままに歩いてる..(笑)




    ツリーハウスにいこう。
    川床で涼もう(夏は渓流に川床が登場)
    大人がわくわく楽しめる。


    朔6 



    森の台所で作られる 
    小さな食卓  日本料理 朔。 


    清らかな空気、水、緑の中で、
    丁寧に調理された、
    たくさんの恵みを 体に吸収。

    身体丸ごと 自然と一体になれる場所。。



    日本料理 朔 hp 三重県津市美杉町八知3541
    080-6928-3939 各6名様まで(要予約) 火・水休
    1部11時45分~ 2部13時30分~ 3500en










    • Tag :
    • カフェ
    • ・緑に囲まれた素敵なお店
    • レストラン

    九州の休日     ~ エピローグ ~







    両親、妹家族、実家のワンコと一緒にでかけた
    大分熊本2泊旅。


    父の古希祝を兼ねた 大切な旅でしたが、

    雄大な景色と、素敵なお宿.. 
    家族で素敵な時間を過ごすことができました。



    ↓ 今回もスライド作成してみました☆








    今回旅計画するにあたり、色々調べていたら、
    他にも訪れてみたい場所、宿、お店がいっぱいです。



    関西⇔別府フェリー「さんふらわぁ hp」を利用すると
    案外近い??ことに気が付いたので、
    また行きたいな~






    最後まで旅日記を見てくださりありがとうございました












    九州の休日 vol.6     集落を包む 音風景   ~ 大分   小鹿田焼の里 ~ 


    おんた焼1



    集落を包む 音風景  

    ~ 小鹿田(おんた)焼の里 ~










    深い山里で 伝統の技法を守りながら
    作られている 小鹿田(おんた)焼。


    長男のみが継ぐことができる 世襲制で 
    現在窯元は10軒。 

    住む人もまばらな 小さな集落に
    大きな唐臼が点在している光景は、
    まるで宮崎駿の世界に入り込んだようです。






    車を降りると、聞こえ始める。

    陶土を 砕く音。

    杵が上がる時に 
    木が擦れて鳴くような音。


    大きな唐臼は(↓作業している人と比べたら大きさ分かるかな^^)
    川の流れを利用して動いています。

    おんた焼2  


    勢いよく落ちる 水の音。 

     



    唐臼で砕いた土は、
    水でこしてさらに細かくし、天日干し。
    時間をかけて、ようやく作陶できるそうです。 


    おんた焼3 


    ヘラで付ける削り模様が特徴の 小鹿田焼。

    使いやすくて軽くて、値段もお手頃。



    器を選びながら 
    窯元さんめぐり。。

    軒先には少しキズモノの、お買い得な器も並んでいました。

    おんた焼4 


    夜中もずっと。 昔から。
    唐臼と水の音がし続けている 小さな集落。



    ぎぃぃ ごとん  ザー


    郷の音と書いて 「響」の漢字になるけれど
    山里の風土に包まれ まさに心に響きます。



    集落が ゆっくりと呼吸をしているよう。 

     素晴らしい音風景。。


    おんた焼5




    小鹿田焼の里 
    参考hp  大分県日田市大字鶴河内













    • Tag :
    • 雑貨
    .
    Welcome to %KyujituStyle

    ページナビ
    現在 こちら↓↓の記事が表示されています☆

    左上にある緑色の「休日style」をクリックすると
    最新記事(トップページ)へ移動します。
    ご挨拶
    西宮在住のひろみです。
    関西や関西近郊には
    素敵なところやお店がたくさん。。^^
    のんびりしたり 深呼吸したくなるような
    場所をめぐっています。

    2011年12月からFC2でブログを始めました!
    (前ブログより移行した記事は 文中リンクが
    きちんと飛ばない場合があります。)
    メールアドレス
    kyustyle@leto.eonet.ne.jp
    お願い
    お店の情報は ブログ作成時のものです。
    移転や営業時間等の変更もございますので、 行かれる場合はhpで確認、または直接お店へお問い合わせください。。

    リンクフリーです。  
    検索フォーム
    「休日style」内で検索します☆
    キーワードを一つ入力してください。
    ○例:尾道   ×例:篠山 カフェ
    二つ以上入れると苦手なようです。 
    カテゴリ
    「+」をクリックしていくと
    「地域」と「自然がいっぱいのお店」が表示。
    細かく検索することができます☆
    カテゴリ 一括表示
    月別アーカイブ
    .
    .
    .
    .
    .
    .
    ..
    現在の閲覧者数: